1cmの宇宙~Masahide Nakada(中田昌秀)~

 
 

☆新作【answer 012】

  1. 18:50:56
今日も 何かに/誰かに トキメイテますか?
ときめき こそ毎日を楽しく生きる秘訣!
だと信じてやまない僕です。

今日は久しぶりに本屋へ。
お目当ての本は見つからなかったけど、
動物図鑑やアート本を読みあさり、
気がつけば2時間。

家にも読破してない本がたくさんあるので、
泣く泣く買うのは控えたけど、
ときめきっぱなしの2時間でした。

画像は、
僕の作品でも中心的存在の「answer」。
何かに向かって生きる姿。
「答え」は大事であって大事じゃない。
はっきり言ってなんだっていい。
向かう姿勢と過程が大事なんだと。
そう自分に言い聞かせて生きている・・・そんな35歳児。

answer012answer012-2answer012-3answer012-4

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【ユキヒョウ033】

  1. 00:02:51
動物の目を見ていると、
自分の浅はかさ、あざとさを見透かされている様な気になる。

「そんなに欲深く生きてどうする・・・」って。
「今どこに立ってるの?」って。

だけど、どうしても欲深くなってしまう。
あれも欲しい。
これも欲しい。

自分に麻痺しない様に、
時々、動物の写真・映像を見る。

やっぱり自分は地球にとったら異物で、
欲の塊だと再認識する。

僕がいつも身につけているのは、
このユキヒョウのドアップのシリーズ。
(僕が身につけているのはもうちょっと大きいタイプ)

この目を身につけて、
自分の立ち位置を確認する。
「今どこに立ってるの?」って質問に耳を傾ける。

自分の立っている大地(今)を、
改めてありがたく、踏みしめる。

ユキヒョウ033ユキヒョウ033−2ユキヒョウ033−3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【reincarnation 001】

  1. 22:59:50
生まれ変わったら何になりたい?

人は色んな生き物を目にしているから、
鳥だの魚だの猛獣だの色々と言えるけど、
海の生き物にとっては、
海の中の世界しか知らないわけで・・

勝手な想像だけど、
マンタはハンマーに、
ハンマーはマンタに、
きっと生まれ変わりたいだろうなぁ。

と言う勝手な想像から生まれた作品。
・・・
そう、
いつだって僕の頭の中は勝手な想像ばかり。

頭の中は誰にも邪魔されない、
最強の無秩序宇宙だからね。

reincarnation001reincarnation001-2reincarnation001-3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【ネコザメ 001】

  1. 22:01:15
今日ご紹介するのは、
ネコザメ。

海好きの方はもちろんご存知ですよね。
そして水族館好きも良く目にするお魚だと思います。

昔買ってた「プレコ」っていうナマズ目の熱帯魚に何となく似ていて、
とっても親近感。

そんな事もあって、
ネコザメさんと水族館で出会うとしばらく目で追ってしまいます。
あ、ちなみにプレコとネコザメは生態は全然違いますからね。

ネコザメは貝とかウニとかサザエとかガリガリ喰っちゃうそうです。
グルメ〜♪
サザエって・・・かなり固いよね。。。すげえ顎の力。

<僕の作品>
ご存知の通り?すべて一点物です。
気になる作品があったらお問い合わせ下さいね。
ネコザメ001ネコザメ001-2ネコザメ00-3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【ウサギコウモリ 003】

  1. 23:31:12
コウモリっていうと・・・
「血を吸うイメージ」がある???(僕にはないけど)

吸血鬼のイメージなのかな?
意外と血を吸うイメージがあるみたい。

みんな知っての通り、
コウモリは、ほ乳類。
僕らの仲間だよね。
(どんな動物・昆虫/植物/菌類も仲間だけど)

コウモリってね、
たっくさんの種類がいるんだけど、
何と980種ほどだって。
ほ乳類全体の4分の1の種類がコウモリってわけ。
(血を吸うコウモリはわずか3種類)

環境に合わせて、
ちょっとずつ身体の特徴や、食性を変えているわけだね。
(そう言う分類でいくと、ヒトも何百種類に分類出来そうだよね。)

鳥類が空を制している中、
夜/洞窟など、
空の隙間を手に入れたほ乳類。
生息域を奪う事なく、
隙間を埋めるコウモリの生き方・・・大好きです。

人も奪うばかりではなく、
あいている隙間を生きられる様に、
慎ましく生きたいものです。


ウサギコウモリ003ウサギコウモリ003−2ウサギコウモリ003−3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved