1cmの宇宙~Masahide Nakada(中田昌秀)~

 
 

☆新作【ウィング011】

  1. 23:43:02

ウィング

の新作です。

今回のウィングは今までに無いカラーです。

ターコイズブルーからベージュへと流れるグラデーションは、
今までに無い珍しいグラデーション。

翼はちょっと控えめのブルー。

背景の空に同化して、ちょっとカクレンボしてます。

控えめなカラーに、逆に惹き付けられます。


翼 ウィング 画像 写真 011

翼 ウィング 画像 写真 011-2

翼 ウィング 画像 写真 011-3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【フェザーピアス002】

  1. 23:38:34

フェザーピアス

です。

真っ白でフワフワなフェザーが
小さいガラス片の中で舞っています。

ターコイズブルーとエメラルドグリーンの混ざった空が
とても幻想的です。

こんなピアス/イヤリング が耳元で踊ってたら
思わず目が釘付けになっちゃいますね。


フェザー ピアス 画像 写真 002

フェザー ピアス 画像 写真 002-2

フェザー ピアス 画像 写真 002-3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【オルカピアス001】

  1. 23:25:10

オルカピアス

です。

シャチの頭部のドアップです。

ブルートパーズの様な美しいターコイズブルー、
笑っている様な可愛らしいオルカの顔。

片方だけ入ったアシンメトリーが良いでしょ???


オルカ シャチ ピアス 画像 写真 001

オルカ シャチ ピアス 画像 写真 001-2

オルカ シャチ ピアス 画像 写真 001-3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆新作【ハンドウイルカ157】

  1. 10:46:56

ハンドウイルカ

の新作です。


さてさて、皆さんお元気でしょうか???
僕は連日夜中3時までお仕事している状況で・・・
今日は久しぶりに10時近くまで寝てました。
少し休まないとですね。

自分の作品、地元の大宮で鉄道博物館においてもらうのに、
パッケージングしなくてはなりません。

それにあたり(業者に頼むと高いので)自分でロゴとかパッケージする袋とかをデザインしていたんです。
やっと5割かな???

急がねば。

_________
そして、久しぶりに新作の公開。

これも恵比寿に展示したので
お越しになった方は目にしたかもしれませんが・・・

イルカのペア作品です。

一見今までの作品と変わらなそうですが。

これまたブラックライトで光りますよ。

満月の光が深い海の中まで届いている様な・・・
そんな幻想的な雰囲気を醸し出しています。

グリーンの光って癒されるよねぇ。




ハンドウイルカ バンドウイルカ 画像 写真 157

ハンドウイルカ バンドウイルカ 画像 写真 157-2

ハンドウイルカ バンドウイルカ 画像 写真 157-3

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
 
 

☆アトリエ公開...Vol.1

  1. 21:57:28

アトリエ

を公開します。

さて、今日は僕の作業場をチラッと公開します。

まずは第一弾。

一枚目はガラスの粉とか粒達・・・
ガラスの板や、ロッドをただひたすらに砕きます。
砕いた欠片達をフルイにかけ、粒の大きさをそろえます。
パウダー と 適度な大きさの粒 に分けます。
凄い量でしょ???
これでも一部なんですよ。
この棚は結構奥行きがあって、
奥の方までずっとケースが詰まってます。
これを使って作品たちが生まれている訳ですね。

二枚目は工具達。
左下のは超音波洗浄機。
メガネとか洗うヤツです。
これで細かい汚れを取ったりします。
中央下に見えるのはサイドビッターというガラスの棒を水平にカットするための道具です。
その他諸々。
いつもこういう感じに元の場所に戻してから帰らないと気が済まないのです♪

三枚目は主に使用している電気炉です。
999度まで上がる窯です。
赤いのは錆も目立ってきてて・・・結構年配です。
ガラス工芸を始めた時点で購入した窯だから、かれこれ5年以上使っているのかなぁ・・・
炉内を補修しながら使っているけど、結構限界かな???
もうちょっと頑張って欲しい。

って、そんな感じの身の回り紹介でした。

Vol.2をお楽しみに♪


アトリエ 画像 写真 1

アトリエ 画像 写真 3

アトリエ 画像 写真 8

トラックバック (-)     コメント (-)
 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved